子供のころに夢中になる漫画と、大人になった今夢中になる漫画は違っています。
大抵子供の頃夢中になっていたのは、明るくって、ストーリーの分かりやすいギャグ漫画でした。
でもそれが大人になるとストーリや、キャラクターの奥にみえかくれする心情だったり、漫画自体の奥行きに惹かれるのです。
たくさんの漫画を読んできました。
たくさんの漫画を買って、捨ててきました。
でもまだ大事にしたい、いつ読んでも面白い引き込まれる漫画が存在します。
それは子供のころ、全部は分かっていなかったにも関わらず、必死になって読んだ手塚治虫の漫画たちです。
歴史の奥深さを肌で感じられた 三つ目がとおる医学の素晴らしさと主人公の人柄にひきつけられた ブラックジャックいまだに全て理解できてないような気がする アドルフに告ぐ最後がどうなるのか、続けてほしかった どろろテレビアニメで憧れたのは リボンの騎士まだまだたくさん浮かんできます。
手塚治虫の漫画にたくさんのものをもらって大人になったのは、私だけではありません。
日本中の多くの人が、自分の人生では経験できないような何かをもらっているのです。
そして、今度はそれを自分の子供にも渡してあげたいと思っています。
大切なものばかりが詰まった、漫画が日本の文化にまで上り詰めるきっかけを作った作品です。