以前なら精密機器を輸送するには、厳重な梱包をして必要ならばトラックを貸切って配送する必要がありました。
しかし、宅配サービスが向上したおかげで精密機器でも簡易な梱包で簡単に安心して輸送できる配送システムがあります。
チャーター便というサービスで鉄柵のボックスを1台単位で貸切り、精密機器などを配送することができるのです。
特に精密機器を配送する場合、配送中の振動に耐えれるように鉄柵のボックス内にエアクッションやエアベルトで固定し振動から守るようになっていたり、機器そのものを空気の入ったカバーで覆い、空気を抜いて機器の形状に合わせて機器を保護するなど多くの工夫がされています。
精密機器の種類や形状によって、機器を保護する方法を変える細かな配送サービスが用意されています。

http://www.jitbox.co.jp/service/07.html