HIPHOPと聞くと、多くの方がノリの良い音楽にラップをのせているものというイメージを持っているのではないかと思います。
実はHIPHOPというのは音楽のことだけではなく、もっと幅広い文化を指しているのです。
HIPHOPという文化は1970年代のニューヨークで生まれました。
その当時はディスコが流行っていたのですが、貧困な層にとってはなかなか手の届かない存在でした。
そこでディスコに行けない若者たちが家からターンテーブルを持ち寄り、街頭の電源を拝借して野外でパーティを楽しんだのです。
これがブロックパーティと呼ばれるもので、そこで生まれたファッションやダンス、そして音楽を含めたものをHIPHOPというようになったのです。
一説では黒人の弾ける音楽という意味を込めているともいわれていますね。
また、HIPHOPはただ楽しむだけのものではありませんでした。
アメリカのストリートギャングたちには抗争が身近なものでしたが、なるべく血を流さないために暴力ではなくダンスやラップで優劣を決めるという決闘の一環として扱われていたこともありました。
今で言うフリースタイルがこれにあたります。
現在では音楽ジャンルとして扱われているものですが、これらの豆知識を知っておくと少しHIPHOPミュージックを聴くのが楽しくなるかもしれませんね。