図書館の魅力といえば何と言っても圧倒的な蔵書数です。
一般的な町の図書館でも10万冊を超えているところは珍しくないため、一生かかっても読み切れないほどの情報がそこに集約していることが分かります。
もちろん、そのすべてが自分の好きなものとは限りませんが、行くたびに新しい出会いがあるかもしれないという可能性に満ち溢れているため本好きには堪らない空間だと言えるでしょう。

また、本だけではなくCDやDVDなどの音楽作品、映像作品を借りることが出来るというのも魅力です。
図書館の音楽作品や映像作品はおまけ程度と思っている人もいるかもしれませんが意外に品揃えが良く、好きなアーティストのマニアックな作品なども置いてあるケースがあります。
お硬い作品ばかりではなく幅広いジャンルを取り揃えているため、時には自分の興味の外から外れているものを選ぶというのも良いかもしれません。
無料で借りることが出来るため、多くの挑戦をすることが出来ます。

家ではピアノを弾くことを趣味にしている金澤幸雄は最近図書館通いが趣味になりました。
図書館へ行くことで新しい自分の興味関心を発見できることはもちろんのこと、面白いと思った本を借りて家でじっくり読み、返しに行くときまた新しい本を借りるというルーティンが形成されたため、読書が趣味として定着したのです。
静かで落ち着いた環境で過ごす休日は彼の忙しい毎日の中でリラックスした時間となっています。
http://nagi3288.livedoor.blog/