ヤマナカゴーキンは、創業時より塑性加工の技術を高めて成長した企業になります。
物質の塑性を応用した加工技術は、規模の大小問わず形状に富んだ製作を実現することに成功しています。
複数の鍛造製作のラインを設けており、精度と生産性の高さを維持しているのがヤマナカゴーキンのセールスポイントになります。
近年では、軽量化と省エネ化に伴い金属を用いない鍛造技術に取り組んでおり、新たな分野への開拓に力を注いでいます。
ヤマナカゴーキンでは、CAE技術に携わるシミュレーションシステムを、各種製造業側に提案しています。
DEFORMと呼ばれるシステム形態は、塑性加工の他に熱処理や切削もモデリング化し、迅速に不具合が予測される仕組みとなっています。
このシステムによって、製造にかかるコストの削減が可能となるため、安定性を重視した経営基盤を作り上げることができます。
なお、DEFORMでは定期的な保守サポート体制を敷いているため、安全かつ有効に利用できるよう心がけています。