女性として生まれてきたけれど、様々な理由から子供を授かることができない体となってしまった女性は決して少なくありません。
卵子を作りだすことができない体のために、子供が欲しいのに産むことができなくて、とても苦しんでいる夫婦はかなりの数がいると言われています。
そんな夫婦のために、20~30歳までの女性であれば協力できることがあります。
エッグドナーを知っていますか。
いろいろな条件がありますが、その条件をクリアするとドナーとして協力することができます。
卵子を提供するドナーのことです。
自分の卵子を提供して、子供に恵まれない夫婦の助けとなることができます。
自分が役に立てればと思うのであれば、協力することを考えてみませんか。
子供が欲しいけれど子供を作ることができずにいる夫婦の数はかなり多いからこそ、一人でも多くの女性の協力が必要です。
ドナーになる条件の中には、2週間程度海外に滞在しなくてはならないというこうも苦があります。
ある程度、時間に余裕があることも条件に入っています。
海外に滞在している間は、ずっと拘束されるわけではありません。
観光する時間もあるので、旅行を楽しむこともできます。
興味がある方は、まずは、自分が条件に合うかどうかを確かめてみませんか。