交通事故は、事故が発生するまではただのドライバーだった人が突然加害者になってしまい、ただ歩行者が、突然被害者になってしまう恐ろしい出来事です。
そして加害者は被害者の傷が癒えるまで、お詫びをしなければなりません。
具体的には、怪我をした場合には、その治療のためにかかる費用一切(初診、入院、通院、リハビリ等)、事故で破損されたものの弁償、休業したために失われた収入の補填、そして事故によってこうむった精神的な負担に対する慰謝料等を払う必要があります。
加害者の加入している保険会社が被害者とやりとりをおこなって進めることが多いです。
ただ責任として100対ゼロの構図の場合というのは少なくて、どちらにも過失がある場合両方の保険会社が代理で交渉を進めることが多いです。
交通事故の示談金は被害者が事故によって失われた物、具体的には体の怪我、所有物、収入等と慰謝料も含めた最後に受け取るお金です。
これを受け取ったら、一切この事故に関しての被害については申し立てしませんという約束のお金です。
いいかえると、このお金をうけとったならば、後は具合が悪いことが起きても発言しても受け付けてもらえなくなります。
そういう意味で被害者の方は、体の傷が癒えているのを確実に確認してから示談書にサインするべきなのです。
方や加害者に不幸になった場合は、被害者の事を気遣いしながらも早くに示談書を締結して示談金を払う事を考えるべきなのです。

交通事故賠償金算定センター|当センターの目的