住宅のリフォーム工事は各種ありますが、外壁の塗り替えをする必要は無いと考える方が多いようです。
ご存じない方が多いようですが、住宅の外壁には塗装がされています。
新築住宅を購入された方は、外壁材の製造工程をご覧になった事のある方は少ないでしょう。
住宅建材の中でも耐久性が要求される外壁材は、製造メーカーの工場内で塗装され、出荷されるのです。
ですから、表面の塗料は時間の経過と友に経年劣化します。
表面にひびが入ったり、塗料が剥離するのは避けられません。
その状況を放置しておくと、外壁財そのものが傷んでしまうのです。
その状況を防ぐには、10年から12年に一度外壁塗装工事を行なって、表面の塗料を塗りなおす必要があります。
住宅のリフォームはできるだけリーズナブルにしたいと誰もが考えます。
外壁塗装リフォーム工事にも、安くする術があるのです。
ただ単に安い材料を使うだけであれば、工事そのものは安くなります。
しかし安い材料には安いなりの理由があります。
耐久性が低いのです。
最低10年は外壁をしっかり保護できる塗料は、フッ素系塗料かシリコン系塗料です。
フッ素系塗料は最も耐久性が高いのですが、お値段も高くなります。
シリコン系塗料は手頃な価格で耐久性も十分なので人気です。