欧米では学生などはゲストハウスが主流です。
日本でも最近このような形態の賃貸が増えてきています。
何と言っても部屋を借りる時の初期費用が安上がりです。
敷金や礼金などは必要なく、そして保証人なども必要ありません。
備え付けの家具がある場合が多いので最小限の家財があればいいと言う感じです。
キッチンやリビング、トイレやシャワールームは共同で利用します。
ちょっと神経質で他人が使用した後は利用したくないと言った方には不向きです。
また住居するうえで、最小限のエチケットは守らなくてはなりません。
トイレやシャワーを利用したらちゃんと掃除をしておくとか言った事です。
ゲストハウスは外国で盛んな賃貸の形態です、したがって日本でも外国人の方が多い場合があり、国際性豊かで国際感覚も身につきでしょう。
若い人同士ならすぐに友達になれるし、一緒にシェアしていると言う連帯感も生まれてきます。
部屋タイプもいろいろ選べるケースが多くて個室から洋室や和室それにドミトリーといった選択ができます。
せっかくの若い時の時間をこのように、人種や考え方が違う人たちが一緒に暮らすと言うことを経験してみることも、これからの日本を考えると、将来きっと役に立つと思います。