抗炎症作用とは、その名の通り炎症を抑える作用のことをいいます…まんまですね。
炎症とは体内の防御反応であり、その反応により痛みを引き起こすものです。http://josei-nayami.jp/answer/trouble_01.html
口内炎とかも、これに一応これに該当しますね。
仕組み的には炎症は、人間の体内を守るためにやってくれているのですが、まあそれでも痛いのは結構面倒で不便なことですよね。
で、その炎症を治すために抗炎症作用が用いられるというわけですね。
そういう「炎」が名に付く症状になった際には、この抗炎症作用がある薬やサプリメントを取ってみてはどうでしょうか?
薬やサプリメントに抵抗があるのなら、食べ物にもそういうのがあるらしく、ねぎやにらといった野菜から、にんにくや唐辛子といったものが効果があるようです。
まあだからといって、適当に取れば治るっわけではないものだと思われるので、どの治療法にしろ計画的に摂取しましょう。